編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IBM、ニューノーマルな働き方を支援する「Watson Works」を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-19 09:28

 IBMは米国時間6月18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックのさなかに職場に戻る従業員を抱える企業を支援する「Watson Works」を発表した。Watson Worksは、職場や従業員、施設の管理を目的にしたモデルやアプリケーションをまとめたものだ。

 Watson Worksのほかにもこれまで、エンタープライズテクノロジーを手がける他のベンダーによって、リモートワークと職場での作業を組み合わせるハイブリッドモデルというニューノーマルな勤務形態を念頭に置いた製品が市場に投入されてきている。ServiceNow、Salesforce、Zebra Technologiesなどがこうしたベンダーに含まれる。

 IBMによると、Watson Worksでは人工知能(AI)モデルを活用し、社内外の情報を取り込んで詳細な意思決定を可能にしていくという。

 Watson Worksのモジュールには以下の機能が含まれている。

  • Wi-FiやBluetoothビーコン、カメラ、携帯電話からのデータを用いて、人の密度や、立ち入り禁止区域、ソーシャルディスタンシング、清掃、マスクの必要性などを管理する、施設の管理/最適化機能
  • 地域の感染率やトレンドのほか、従業員が自発的に提供した検査結果、リスク指標に基づいた健康状態追跡機能
  • COVID-19関連の質問や、人事部門に対する質問に答えるための仮想エージェントやコミュニケーションツール
  • 職場でCOVID-19の感染者が確認された際、さまざまなソースからの情報を使って接触者の追跡効率を最大化する機能

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]