編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

データから価値創出行動までをカバーする--クリックテックが年次方針

國谷武史 (編集部)

2020-07-03 06:00

 クリックテック・ジャパンは7月2日、2020年の事業方針説明会を開催した。カントリーマネージャーの今井浩氏は、データの統合と分析だけでなく分析で得る洞察から価値を創出する行動につなげていくための取り組みを推進すると表明した。

クリックテック・ジャパン カントリーマネージャーの今井浩氏
クリックテック・ジャパン カントリーマネージャーの今井浩氏

 今井氏は、まず直近にオンラインで開催したグローバルカンファレンス「QlikWorld ONLINE 2020」の概要を振り返り、新型コロナウイルス感染症による影響が世界中に波及する困難な中でも、同社製品を含めデータ分析基盤への投資を続ける欧州を中心とした多くの企業がビジネスを堅持しているとした。同社としてもユーザーコミュニティーでのベストプラクティスの共有やヘルスケアサービス領域での活用などを通じて貢献しているとしたほか、DataRobotやSnowflakeとの協業で医療体制の維持なども支援している。

 ただ、企業においてはデータの蓄積と蓄積したデータが“サイロ化”する状態が今も多く、今井氏は、リアルタイムなデータの分析から得られる洞察を活用し、利益や価値を生み出す能動的な行動「アクティブインテリジェンス」につなげることが必要だと説く。そのために同社では、データを活用していくリテラシーの向上と、データを統合し分析するテクノロジーの両面から顧客を支援していくとした。

データから利益や価値創出のパイプライン
データから利益や価値創出のパイプライン

 その中ではSaaSモデルの提供や、人工知能(AI)アプローチによるインテリジェンス活用、ユーザー層を広げる自然言語処理といったテクノロジーの推進などを掲げる。従来の静的なデータだけではなく、刻々と変化するデータも統合し、常に最新の洞察を利用しながら即時行動に至るパイプラインの提供を通じて、今井氏はデータ駆動型ビジネス「DataOps」の実現を目指すと語った。

2020年の事業方針概要
2020年の事業方針概要

 また、国内ビジネスの現況については、新型コロナウイルスへの対応に伴う企業からの問い合わせが急増しているという。加えて、世界の中でも特に日本企業ではデータ統合の案件が非常に多いといい、「システムを手組みする文化的な背景からサイロ化の様子が顕著に見られ、これを統合していく方策がわれわれに求められている」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]