編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

NEC、ドコモらと介護施設で5Gの実証試験--食事介助の業務を効率化

NO BUDGET

2020-07-21 14:26

 NECは2月、NTTドコモ、SOMPOホールディングス、SOMPOケアと共同で、介護付きホーム「SOMPOケア ラヴィーレ舟入(広島県広島市)」において5G(第5世代移動通信方式)の実証試験を実施した。同試験は、「介護施設の食堂における入居者の特定、禁食(アレルギー)チェック、食事時の摂取量記録」というテーマで行われた。

 近年、超高齢社会が進む中で介護人材の不足が社会課題となっている。こうした状況を踏まえ、介護職員が携わる業務内容と所要時間を調査したところ、食事介助に多くの時間が割かれていると分かったという。そこで同試験では、5Gの活用により「顔認証による来訪者特定」「アラートによる禁食チェック」「食事前後の配膳トレー撮影による摂取量管理の自動化」を実施し、ピーク時における介護職員の業務効率化に貢献できると実証した。今後は、この結果を基に介護施設への導入を目指していくとしている。

実証試験のイメージ(出典NEC)
実証試験のイメージ(出典NEC)

 各社の役割は、NECが顔認証パッケージソフトウェア「NeoFaceKAOATO」・禁食アラートディスプレイ・5G無線装置(4.5GHz帯)の提供、NTTドコモが同試験のシステム性能評価・プロジェクト管理・企画立案・5Gの提供/分析・食事摂取量システムの提供を担当。また、SOMPOホールディングスが企画立案、SOMPOケアが実証試験環境の提供を行った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]