NEC、ドコモらと介護施設で5Gの実証試験--食事介助の業務を効率化

NO BUDGET

2020-07-21 14:26

 NECは2月、NTTドコモ、SOMPOホールディングス、SOMPOケアと共同で、介護付きホーム「SOMPOケア ラヴィーレ舟入(広島県広島市)」において5G(第5世代移動通信方式)の実証試験を実施した。同試験は、「介護施設の食堂における入居者の特定、禁食(アレルギー)チェック、食事時の摂取量記録」というテーマで行われた。

 近年、超高齢社会が進む中で介護人材の不足が社会課題となっている。こうした状況を踏まえ、介護職員が携わる業務内容と所要時間を調査したところ、食事介助に多くの時間が割かれていると分かったという。そこで同試験では、5Gの活用により「顔認証による来訪者特定」「アラートによる禁食チェック」「食事前後の配膳トレー撮影による摂取量管理の自動化」を実施し、ピーク時における介護職員の業務効率化に貢献できると実証した。今後は、この結果を基に介護施設への導入を目指していくとしている。

実証試験のイメージ(出典NEC)
実証試験のイメージ(出典NEC)

 各社の役割は、NECが顔認証パッケージソフトウェア「NeoFaceKAOATO」・禁食アラートディスプレイ・5G無線装置(4.5GHz帯)の提供、NTTドコモが同試験のシステム性能評価・プロジェクト管理・企画立案・5Gの提供/分析・食事摂取量システムの提供を担当。また、SOMPOホールディングスが企画立案、SOMPOケアが実証試験環境の提供を行った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]