編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インテルの7nmチップ開発、予定より半年遅延

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-07-27 10:24

 Intelは米国時間7月23日、2020年第2四半期決算の報告に合わせ、7ナノメートル(nm)プロセスで製造するチップの開発が予定より約6カ月遅れていることを明らかにした。7nmプロセスの歩留まりが目標より約12カ月遅れているためだという。一方で10nm製品については、需要が増加していることから、2020年に「移行を加速する」としている。

Intelのロゴが表示されたノートPC
提供:Angela Lang/CNET

 「当社は、歩留まりの低下につながる7nmプロセスの欠陥モードを確認した。すでに問題の原因を突き止めており、根本的な障害はないと確信しているが、スケジュールが不確実さを増すのを防ぐため不測事態の対応計画にも投資してきた」と、最高経営責任者(CEO)の Bob Swan氏は説明した。

 Moor InsightsのアナリストであるPatrick Moorhead氏は、「7nmの先送りは、これに多くの製品が依存していることから、ポジティブな発表ではない。だが周知のように、Intelは常にバックアップを幾重にも用意しており、10nmを強化して競争力を高めるとの知らせが届くのも確実だろう」と述べた。

 QualcommとAppleはすでに7nmチップを開発しており、7nmチップは2018年からデバイスの頭脳になっている。Appleの「A12 Bionic」は同年9月、世界初の量産7nmプロセッサーとして同社製品に搭載された。AMDもすでに7nmチップを発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]