編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

大手司法書士法人ライズアクロス、クラウド型電子契約で脱ハンコへ

藤代格 (編集部)

2020-08-03 07:15

 

 45人の司法書士が所属するライズアクロス(港区、連結従業員数約100人)は、クラウド型電子契約書システム「BtoBプラットフォーム 契約書」を導入。ライズアクロスは所属司法書士数で全国有数の規模という。

 契約書の締結から契約管理までを一元化し、脱ハンコ、電子化という機運、変化していくビジネス環境に適応。司法書士業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引するという。7月30日、サービスを開発するインフォマート(港区)が発表した。

 BtoBプラットフォーム 契約書は、契約書の発行、契約締結、保管、管理などができるクラウドサービス。

 契約期限切れ時のアラート機能、社内稟議の起案から承認、テンプレートやルートが管理できるワークフロー機能などもあるという。

 税別月額固定費が無料のフリー、1万円からのシルバー、3万円からのゴールドの3つのプランを用意している。10ライセンスからとなるワークフロー機能は1ライセンスにつき税別月額利用料300円。

3つのライセンス内容(出典:インフォマート) 3つのライセンス内容(出典:インフォマート)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]