編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

国内電子契約市場、急成長が継続--40%成長で2023年度には200億円へ

藤代格 (編集部)

2020-07-17 06:45

 アイ・ティ・アール(ITR)は7月16日、国内電子契約サービス市場の規模と予測を発表した。2018年度の売上金額は前年度の83.5%増の36億7000万円。導入企業、参入ベンダーの増加で急成長し、2019年度も70.0%増と成長が継続するという。

 電子契約は、書面契約と異なり契約書の印刷、押印、封入、郵送などが不要。業務効率化、郵送代削減などへの期待から注目が集まっているという。2020年6月には内閣府、法務省、経済産業省がテレワーク推進のため契約書への押印不要の見解を示している。

 新型コロナウイルス感染症対策として、書面での契約業務のために出社が必要な状況の改善、テレワークで契約できる環境整備を進める企業が増加。

 パンデミック、自然災害発生を想定した事業継続の観点からも有効で、書面と印鑑を廃止、電子契約を導入する企業が急増すると予測。2018~2023年度の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)は40.1%、2023年度に200億円に迫るという。

 ITR シニア・アナリストの三浦竜樹氏は、「ITRが2020年4月24~27日に実施した『コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査』では、コロナを機に『社外取引文書(契約書など)の電子化対象拡大』を実施予定と回答した企業が36%に上り、新規導入企業が増加する。また、電子契約サービスの多くは契約書の枚数ベースでの課金となり、導入企業の投資拡大も見込んでいる。コロナ第2波への準備、政府の法整備が進むことで電子化される契約書はさらに拡大し、スピードも今まで以上に加速する」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]