編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

エーティーワークス、自社開発サーバー新版--1Uスペースに4台搭載の省スペース

藤代格 (編集部)

2020-08-12 07:00

 ITベンダーのエーティーワークス(富山県富山市)は8月5日、自社開発するオリジナルIAサーバーの新版「radserv AXE 1/4U Mode」を発表した。19インチラックの1Uスペースに4台搭載できる省スペースモデル。8月4日から販売している。

 Coffee Lake世代の最大6コア12スレッドのCPU「Xeon E-2100」シリーズのプロセッサーを搭載可能。用途に応じてCeleronなども選択できるという。最大メモリは32GB、ソリッドステートドライブ(SSD)はNVM Express(NVMe)接続対応のM.2 SSDを搭載できるとしている。

 筐体はフルとなる1Uサイズの4分の1のシャーシを採用。用途に合わせてさまざまに活用できる拡張用のPCI-Expressスロットを2つ用意し、1Gbps、10Gbpsのネットワークカード(NIC)やRAIDカードなどを搭載できるという。通常のサーバーとしての活用のほか、1Uスペースに2台並べて冗長構成をとれるネットワークアプライアンス機器としても活用できるとしている。

サイズイメージ(出典:エーティーワークス)
サイズイメージ(出典:エーティーワークス)

 電源は容量350Wのニプロン(兵庫県尼崎市)製。定格入出力、周囲温度40度の環境における製品期待寿命は8年以上になるという。

インターフェイス一覧(出典:エーティーワークス)
インターフェイス一覧(出典:エーティーワークス)
筐体(出典:エーティーワークス)
筐体(出典:エーティーワークス)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]