編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

メンズスキンケア企業、ビーウィズの在宅コンタクトセンターサービスを導入

NO BUDGET

2020-08-12 17:04

 ビーウィズは、メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムが、従業員の安全確保とBCP(事業継続計画)対策として、在宅コンタクトセンターサービス「Bewith Digital Work Place」を導入したと発表した。

 バルクオムは、コンタクトセンターと自宅の両環境で顧客からの電話対応が可能なハイブリッド型のコンタクトセンター運営を実現するため、クラウドPBX(構内交換機)「Omnia LINK(オムニアリンク)」を基盤とした同サービスを導入した。

システムの概要(出典:ビーウィズ)
システムの概要(出典:ビーウィズ)

 在宅環境下でも、高いセキュリティデータセンターでの運用や専用アプリケーションの利用などによりシステム面のセキュリティを担保するとともに、遠隔でもオペレーターマネジメントを円滑に行える管理システムを提供することで、センター運営と変わらない環境を構築できるとしている。

 公式オンラインストアのほか、全国1200店舗以上の小売店・ヘアサロンで製品を販売しているバルクオムでは、在宅オペレーターについて、業務の実施基準を満たしており、一定期間以上のセンター勤務実績を持つ経験豊富なオペレーターのみとすることで、セキュリティと品質の両面を維持しているという。

 Bewith Digital Work Placeの導入についてバルクオムは、Eコマース(電子商取引)事業において重要な位置付けでもある「お客様窓口の充実化」や「安心安全の確保」に大きく貢献していると評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]