編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

グーグル、機密データ扱う「Android」アプリの脆弱性を検出するチームを新設へ

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-10-05 13:09

 Googleが「Android」アプリを対象とする新たなセキュリティチームの創設に向けて、人材を募集している。このチームは、「Google Play」ストアで提供されるセンシティブなアプリに脆弱性がないかどうかを調べる業務にあたるという。

Google Play
提供:Mika Baumeister

 Googleの新たな求人情報には、次のように書かれている。「Android Securityチームを率いるセキュリティエンジニアリングマネージャー職(中略)。同チームは、Google Playで提供されているセンシティブなサードパーティー製Androidアプリを対象に、アプリケーションセキュリティ評価を行い、脆弱性の検出や、影響を受けるアプリケーション開発者への修正ガイダンスの提供に取り組む」

 Google Playプロテクト担当ソフトウェアエンジニアリングマネージャーであるSebastian Porst氏によると、この新たなチームが取り組むアプリには、新型コロナウイルスの接触検知アプリや選挙関連のアプリなどが含まれるという。

 新チームは、独立系のセキュリティ研究者がバグ発見報奨金プログム「Google Play Security Reward Program(GPSRP)」を通じて行っている作業を補完することになる。

 同プログラムは、Google Playストアで提供されているAndroidアプリのうち、インストール回数が1億以上のものを対象としている。そのため、機密データを扱ったり重要なタスクを遂行したりするアプリは対象とならないことが多い。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]