マルウェア「Emotet」の攻撃急増、米CISAも警告

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners

2020-10-08 14:20

 米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)は米国時間10月6日、トロイの木馬「Emotet」を使った犯罪者の動きが急激に活発化していると警告した。

 Emotetはもともと、バンキング型トロイの木馬として拡散されていたが、最近ではボットネットとしてマルウェアを含むスパムを拡散し、ランサムウェアオペレーターなどのさまざまな犯罪グループに、感染したコンピューターへのアクセスを販売するのに使われている。

 9月、まずフランス、日本、ニュージーランドが、その数週間後にはMicrosoft、イタリア、オランダが、Emotetを使った悪意のあるスパム活動の急増を警告していた。

 2月以降おとなしくなっていたEmotetは、7月に再び猛威を振るい始めた。CISAはEmotetについて、「一般的に他のマルウェアのダウンローダーまたはドロッパーとして使われる、洗練されたトロイの木馬」で、「現在、最も蔓延している脅威の1つ」だと説明している。

 このCISAの評価のとおり、Emotetは現在、世界最大のマルウェアボットネットであると見なされている。

 8月以降、CISAとMulti-State Information Sharing&Analysis Center(MS-ISAC)は、Emotetのフィッシングメールを使った州政府、地方政府を標的とする攻撃の急増を検知しているという。

 Emotetは、フィッシングメールへの添付ファイル、またはペイロードを起動するリンクを通じて、ワームのように拡散する。ファイルかリンクが開かれると、Emotetはブルートフォース(総当たり)攻撃でユーザーの認証情報を取得、共有ドライブに書き込むことにより、ネットワークの中を水平方向に拡散する。

 CISAによると、連邦政府および民間の行政機関ネットワーク向けの侵入検知システム「EINSTEIN」は7月以降、約1万6000件のEmotetの活動に関連するアラートを検出している。

 また9月にはMicrosoftが、Emotetは「Office」ドキュメントではなく、パスワードで保護された添付ファイル(ZIPファイルなど)を使用することで、電子メールのセキュリティゲートウェイを迂回していることを突き止めた。

 同月、欧州各国はEmotetがランサムウェアを配信するためにマルウェア「Trickbot」をドロップしているほか、銀行の認証情報を盗むためにトロイの木馬「Qakbot」をドロップしていることを検知していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]