“顧客体験”向上で考えたい--セルフサービス、チャット、データの活用方法 - (page 2)

阿久津良和

2020-10-29 06:45

データ量が増えるが、ノイズが紛れ込む

 チャンピオン企業がCXレポートに目を通す割合は他社と比較して8.4倍の開きがあるものの、企業が扱う顧客データ量を2015年と現在で比較すると、約3倍に膨れ上がっている。

 McDermott氏は「データが多くてもノイズが紛れ込み、適格なシグナルを導き出すのが難しい。さらに“Data Ninja”とわれわれが呼称する専門家でなければ、データ解析ツールを使いこなせない」と現状を指摘しながら、データ分析・レポートツールの「Explore」をアピールした。

ローコード開発の重要性高まる

 最後の開発については冗談だと前置きして、「開発者を解雇する」(McDermott氏)ことがCX向上のコツだと笑いを誘いながら、ローコード開発の重要性を強調した。

 今回の調査結果では今後12カ月間でCXへ積極的に投資するチャンピオン企業の割合は8倍に上るが、開発に携わる人材資源不足が新たな課題になりかねない。McDermott氏はGartnerの「2024年までにローコード開発がアプリケーション開発全体の65%以上を占める」との予測を引用しつつ、“シチズンデベロッパー(市民開発者)”の台頭を予見した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]