編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

三菱商事、契約処理のデジタル化で電子署名サービスを導入

NO BUDGET

2020-12-09 09:49

 三菱商事は、ドキュサインの電子署名サービス「DocuSign eSignature」を本社と国内拠点に導入した。

 DocuSign eSignatureは世界で82万以上の企業が導入している電子署名サービス。組織や企業の合意・契約・稟議プロセスのデジタル化や、契約ライフサイクル管理(CLM)などを実現するスイート製品「DocuSign Agreement Cloud」の一つとして提供されている。

画像1

 今回の導入で三菱商事は、法人取引の契約プロセスにデジタル化、ペーパーレス化を取り入れることになった。同社の従来の契約・合意プロセスでは、オフィスへの出社が必要となる場面もあったが、同サービスの導入により契約・合意プロセスを高いセキュリティの下、安全にエンドツーエンドでデジタル化し、場所や時間に関わらず実現できる環境を整備できたという。

 同社は、電子署名や文書保存の社内規程を新たに作成・改訂し、既に利用しているクラウドストレージサービスと組み合わせることで、ペーパーレス化の促進だけでなく、ビジネスの迅速化と業務プロセスの効率化、コスト削減の実現を目指している。さらに今回の導入をきっかけに海外拠点・国内外子会社への展開も検討している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]