編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

マイクロソフト「Teams」、グループ分割機能リリース--49人同時表示は「Chrome」でも

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-12-11 13:33

 「Microsoft Teams」で、1画面に最大49人の参加者を表示する「ラージギャラリービュー」と、離れた場所にいる人々が同じバーチャルルームにいるように表示する「Togetherモード」が、「Google Chrome」や「Microsoft Edge」でもパブリックプレビューで利用可能になった

Microsoft Teams
提供:Microsoft

 この2つの機能は、Teamsのデスクトップアプリでサポートされていたが、ブラウザー版のTeamsでも利用できるようになる。Microsoftは7月、コロナ禍で在宅勤務をしている世界中の人々を想定したTogetherモードを発表した。

 Togetherモードは人工知能(AI)を利用し、複数のビデオ会議参加者を同じ共通の背景で表示できる。例えば、バーチャルな講堂の背景などがある。

 ラージギャラリービューは、1画面に最大49人の参加者を表示する。世界各国で学校が休校となったことなどから、パンデミックの影響で都市封鎖の措置が取られた早い段階で強く求められた機能だ。

 ラージギャラリービューとTogetherモードは、Google Chromeと「Chromium」ベースのMicrosoft Edge向けTeamsの最新バージョンなどで利用できる。現在はパブリックプレビューとなっている。Microsoftによると、VMWareやCitrixのバーチャルデスクトップは完全には対応されていない。

 またMicrosoftは、主催者がTeamsの会議の参加者を小規模なグループに分けられる「ブレークアウトルーム」機能の一般提供を開始した。この機能は9月、ITプロフェッショナル向けカンファレンス「Microsoft Ignite」で導入を予定しているとされていた。

 会議主催者は、最大50のブレークアウトルームを作成し、参加者を各ルームに自動で割り当てるか、手作業で割り当てるかを選択できるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]