編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「富岳」とAIを用いて高解像度でリアルタイムな津波浸水を予測

NO BUDGET

2021-02-17 14:12

 東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通研究所は、理化学研究所と富士通で共同開発したスーパーコンピューター「富岳」を活用して、沿岸域の津波浸水を高解像度かつリアルタイムに予測するAI(人工知能)モデルの構築に成功した。

AIによる津波予測のイメージ図
AIによる津波予測のイメージ図

 富岳を使って多数の高解像度津波シミュレーションを実施し、そこから得られた沖合での津波波形と沿岸域の浸水状況を教師データとして、今回新たなAIモデルを構築した。このAIモデルに、地震発生時に沖合で観測される津波波形を入力することで、津波到達前に沿岸域の浸水状況を3m単位の高い空間解像度で予測することが可能となる。

 これにより、臨海都市域での建物や構造物、道路などの社会インフラの影響を取り入れた、局所的な津波の高まりなど、区画ごとの詳細な浸水予測情報を把握でき、より適切な避難行動を支援できる。

 また、富岳を用いて事前に学習したAIモデルは、一般的なPC上でも数秒で実行することが可能なため、これまでスーパーコンピューターが必要だったリアルタイム浸水予測システムの構築が大幅に容易になる。

 3者は今後、この技術の実用化に向け、AI技術の拡張や予測精度の評価を進め、国内外での津波防災対策に貢献していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]