編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

インテル、第3世代「Xeon Scalable」プロセッサーを発表--46%の性能向上

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-04-07 12:05

 Intelは米国時間4月6日、最新の第3世代「Xeon Scalable」プロセッサー(開発コード名「Ice Lake」)を正式発表した。10ナノメートルベースで、1プロセッサーあたり最大40基のコアを搭載し、Intelのデータセンタープラットフォームの基盤となる。

第3世代Xeon Scalableプロセッサー

 このチップは、クラウドからネットワーク、エッジまで、広範な市場のワークロードに対応するよう設計されている。Intelによると、「第一線の」クラウドサービスプロバイダーはすべて、Ice Lakeで構築するサービスを提供する見込みだという。同社はまた、OEMパートナー50社で計250種以上の設計に同チップが採用されたことを明らかにした。

 IntelのData Platforms Group担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、Navin Shenoy氏は発表の中で、第3世代のXeonプラットフォームは「当社の歴史において最も柔軟で高性能だ」と述べた。

 Intelによると、Ice Lakeは前世代と比較して、一般的なデータセンターのワークロードで平均46%のパフォーマンス向上を実現するという。同プロセッサーにはまた、セキュリティを高める「Intel Software Guard Extension(Intel SGX)」と、「Intel Crypto Acceleration」が追加されている。さらに、人工知能(AI)アプリケーションのパフォーマンス向上に役立つ「Intel Deep Learning Boost(Intel DL Boost)」技術も組み込まれている。

 このプラットフォームは、1ソケットにつき最大6TBのシステムメモリー、最大8チャンネルのDDR4-3200、最大64レーンのPCI Express 4.0(PCIe Gen4)をそれぞれサポートする。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]