編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IBM、金融サービス向けクラウドプラットフォームを一般提供--「Red Hat OpenShift」にも対応

Natalie Gagliordi (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-04-08 16:19

 IBMは米国時間4月7日、銀行や金融サービス企業向けのクラウドプラットフォーム「IBM Cloud for Financial Services」の一般提供(GA)を発表した。IBM Cloud for Financial Servicesは2019年に、Bank of Americaとのパートナーシップの下で発表された。IBMは、規制からプライバシーまで、金融サービスのさまざまな要件に対応できるプラットフォームを構築するとしていた。

 IBM Cloud for Financial Servicesは、Kubernetes環境として「Red Hat OpenShift」に対応する。また、クラウドネイティブなワークロードとVMwareのワークロードに対するセキュリティとコンプライアンスの制御も組み込まれている。このクラウドの暗号鍵管理システムやハードウェアセキュリティモジュール(HSM)によって、顧客がより一層データへのアクセスや暗号化を制御できるようになるという。

 IBMによると、Bank of Americaのほか、SAP、Adobe、Infosys、Avaya、VMware、Luminaなど、90を超える独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やSaaSプロバイダーがパートナーのエコシステムに加わった。

 この金融サービスプラットフォームは、さまざまなワークロード、複数のアーキテクチャー、予防型セキュリティを担いながら、規制、セキュリティ、レジリエンシーの要件を満たすことを目指している。IBMの金融サービス向けパブリッククラウドにより、金融機関がこのプラットフォームの要件を満たすテクノロジーベンダーと取り引きできるようになるとIBMは説明していた。

 IBMハイブリッドクラウドプラットフォームの責任者Howard Boville氏は次のように述べている。「IBMのコンフィデンシャルコンピューティングと高度な暗号化機能が実現するデータセキュリティに重点を置くことで、銀行や保険会社など金融サービス業界のプレーヤーのサプライチェーンでリスクを軽減すると同時に、イノベーションを推進し、活用するまでに要する時間を短縮することを目指す」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]