編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

「iOS 15」発表、FaceTimeの“共同視聴”や「集中モード」などを搭載--iPhone 6sも対象

山川晶之 (編集部)

2021-06-08 10:22

 アップルは6月8日、年次の開発者向けイベント「WWDC 2021」を開催した。その中で、iOSの次期バージョン「iOS 15」の詳細を発表した。2021年秋ごろの正式提供を目指す。なお、対応デバイスはiPhone 6s/SE以降となる。

キャプション
「iOS 15」
キャプション
「iOS 15」新機能一覧

FaceTimeは複数人でコンテンツシェアできる新機能などを実装

 iOS 15では、複数の新機能の中でコロナ禍で利用が増えたビデオ通話機能「FaceTime」が大幅にアップデート。空間オーディオを導入し、複数人でビデオ通話した場合でも、あたかも同じ空間で話しているような感覚で通話することができるようになった。また、マシンラーニングを使い、マイクが拾う音の中から声だけをクリアに分離可能。周囲すべてを含めた音を相手に送る「ワイドスペクトラム」や、FaceTime時にボケ味を追加するポートレートモードも利用できるようになった。

キャプション

 さらに、FaceTimeで通話しているユーザー同士で音楽や動画、iPhoneのスクリーンを一緒に共有できる「SharePlay」も発表。Apple TV+やApple Musicだけでなく、Disney+、Hulu、HBO Max、Twitch、TikTokなどが対応を表明する。そのほか、FaceTimeの通話リンクを作成・共有できるようになり、カレンダーやSNS、APIを使った各種アプリでFaceTimeが利用可能となった。相手がWindowsやAndroidであっても、ブラウザ経由でFaceTimeに接続できる。

過剰な通知を抑えて集中する時間を作る「集中モード」

 通知関連でもアップデートがあった。SNSや各アプリの通知に日々追われないよう、内容をフィルタリングする「集中モード」が新たに実装される。アプリの使用シーンをAIが判定し、通知するユーザーとアプリを必要最低限に抑制。勤務時間や就寝中などユーザーの生活シーンで通知内容を切り替えることができ、仕事とプライベートを分けて作業に集中できるという。もし、他人のメッセージが表示されない設定の場合、すぐには返信できない旨の通知が相手に届く。もちろん、カスタムで任意の人物、アプリの通知を設定できるほか、集中モード基準のアプリのみを表示するホーム画面も作成可能だ。

 通知のデザインも刷新。人物には連絡先の写真が適用されるほか、アプリからの通知はより大きなアイコンに置き換わった。通知の順位も、オンデバイス・インテリジェンスにより、優先度順に並べられ、最も関連性の高い通知が一番上に表示される。なお、緊急メッセージなどはすぐに配信されるため、重要なメッセージを見落とすことはないという。

写真内のテキストを読み取る「Live Text」

 写真内にあるテキストを認識してコピーなどができる「Live Text」も実装された。Googleなども同様の機能を提供しているが、例えば手書きのレシピの写真からテキストを認識して食材を検索したり、店頭で電話番号をキャプチャしておき、あとからコピーして電話をかけるといったことが可能となるという。また、「Visual Look Up」を使用すると、世界中で人気なアートやランドマーク、植物、花、ペットの品種について知ることができるとしている。

 なお、検索機能「Spotlight」も強化。インテリジェンスを活用して、場所や人物、シーン、オブジェクトで写真を検索するほか、Live Textを使用して、写真内のテキストと手書き文字を検索できるようになった。連絡先の検索結果も強化され、最近の会話、共有された写真などが1カ所に表示される。

大幅に進化した「Apple Maps」

 日本では提供対象外となっているが、同社の地図アプリ「Apple Maps」が大幅にアップデートされた。近隣、商業地区、標高、建物、道路の新しい色分けとラベルのほか、カスタムデザインのランドマーク、地図内の町並みが月明かりに照らされるような描写の夜間モードを実装する。また、カーナビとしての利用でも3次元マップで表示。右折車線、中央分離帯、自転車専用レーン、横断歩道などの詳細な情報をMaps上で確認できるようになった。さらに、徒歩の道順がわからないときは、ARで実際の空間に文字や矢印を配置でき、歩行経路を直感的に把握できるという。

キャプション

身分証明書や自宅の鍵にもなる「Wallet」アプリ

 2020年夏に発表された、iPhoneが車の鍵になる「CarKey」や社員証、ホテルのキー(ハイアットの1000施設で導入予定)など、クレジットカードや交通系ICの決済手段以外の機能が実装され始めているWalletアプリだが、今回新たに運転免許証、州のIDカードをウォレットに追加できるようになった(米国の一部の州のみ)。同社によると、WalletアプリによるデジタルIDカードが利用できる最初の場所として、空港の保安検査場での導入を検討。デジタルIDカードでは、利用時に登録してあるどの情報が求められたのかを確認することができるという。

キャプション
例えば、保安検査場通過時にどの情報を参照したかをあとから確認できる

ネットワークに接続しなくてもSiriの返答が可能に

 プライバシーコントロールも強化された。音声アシスタントの「Siri」は、オンデバイスでの音声認識に対応。iPhone内で完全に処理されるため、タイムラグがなくなるなどパフォーマンスが大幅に向上するという。また、プライバシー保護としては、送信者がメールの開封を察知することなく、IPアドレスを非表示に。送信者がユーザーの位置やプロフィールを作成することを阻止するという。また、過去7日間に位置、写真、カメラ、マイク、連絡先などの情報にどうアクセスしたかを表示する「アプリプライバシーレポート」機能も搭載された。

落としたAirPods Proを「探す」アプリで検索可能に

 そのほか、AirTagなどの落とし物デバイスの情報を表示する「探す」アプリだが、AirPods Pro、Air Podsの検知にも利用できるようになった。また、サードパーティデバイスでもSiriが利用できるようになる「HomeKit」、ライブ翻訳機能をOSレベルに組み込み、自動翻訳などにも対応する「Translate」、再設計された天気アプリ、ユーザー作成のタグを追加でき、共同編集が可能になったメモ機能などが刷新されている。撮影した写真や動画から自動でムービーを生成する「メモリー」機能もリニューアル。写真のトーンやパターンなどに合わせてApple Music内の音楽を、音と同期させた上で自動で動画に編集してくれる。

キャプション
キャプション
オーディオ機能もアップデート

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]