編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
調査

「活用できるデータの種類・量・品質」がビジネス成果獲得の最重要要因--ガートナー調査

NO BUDGET

2021-06-14 07:15

 ガートナー ジャパンは、日本におけるデータの利用/活用の現状に関する調査結果を発表した。

 データ活用に関連したビジネス成果の獲得についてたずねたところ、成果を「十分に得ている」もしくは「ある程度得ている」という回答の割合は、2018年以降3年間の推移を見ても一進一退だった。ビジネス成果獲得の成功要因と阻害要因を、選択式でそれぞれ3つたずねたところ、成功要因として最も多く挙げられたのは「活用できるデータの種類・量・品質」(59%)だった。

ビジネス成果獲得に貢献した要因や取り組み(貢献度の高いもの上位3つを選択)
ビジネス成果獲得に貢献した要因や取り組み(貢献度の高いもの上位3つを選択)

 この調査は2020年11月に実施された。回答者の60%超はデータの利用/活用に対して課題意識を持っており、そのうち20%超が組織全体の課題(経営課題)として認識していることが分かっている。

データの利用/活用によるビジネス成果獲得の阻害要因(重大度の高いもの上位3つを選択)
データの利用/活用によるビジネス成果獲得の阻害要因(重大度の高いもの上位3つを選択)

 阻害要因としては「スキルや人員の不足」と並び、「データリテラシーの不足」が挙げられた。グローバルで実施した調査でも、データリテラシーは成功の阻害要因として挙げられており、ガートナーでは、データドリブンな組織文化を根付かせるためにも、データリテラシー向上への投資は優先すべきだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]