編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

Slack、立ち話感覚の「ハドルミーティング」など複数の新機能

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-07-01 13:43

 新型コロナウイルスの感染拡大により、仕事は突然デジタルへの移行を余儀なくされ、Zoomが会議や協業のためのお決まりの手段となった。数カ月を経た今、デジタルな生産性ツールへの移行が定着するのは明らかだが、いわゆる「Zoom疲れ」も生じているようだ。

 Slackは米国時間6月30日、そうした背景を考慮して、絶え間ないビデオ会議に終止符を打つ一連の新ツールを発表した。

 新機能には、気軽に会話できるようにする「Slackハドルミーティング」や、新しい形の職場ディレクトリー「Slack Atlas」などがある。最高製品責任者Tamar Yehoshua氏によると、バーチャル本社でも、「物理的な本社を設計した時に意図したものと同レベル」の機能を提供すべきだという考えで開発されたという。

 Slackハドルミーティングは、Slackでコミュニケーションをとるための軽量な音声ファーストの新機能だ。ユーザーは左のナビゲーションバーをクリックしてハドルミーティングを開始したり、チャンネルに表示されている進行中のハドルミーティングに参加したりできる。これは、ビデオ会議や電話をかける予定を立てるよりも、素早く簡単に、思いついた時にコラボレーションできるようにするのが狙いだ。発信して、相手が応答するのを待つ電話とは違い、すぐに会話を始められる。他の人も自由に参加して、退出できる。

slackhuddle
提供:Slack

 「デスクワークをしている同僚の肩を叩いたり、廊下で何気なく立ち話ししたりするような感じだ」とYehoshua氏は説明する。「また特定のタスクのために、担当チームが素早く一斉に集まる際にも便利だ」

 ハドルミーティングでは画面を共有できるほか、アクセシビリティー向上のために字幕をリアルタイムで表示することも可能だ。現在、最大50人が同時に参加できる。同社はExpedia、TIBCO、Dellなど、100社以上を対象にこの機能を試験的に導入しており、30日から有料プランの顧客に展開していく。

 また、同社はSlackでネイティブにビデオ、音声、画面の録画を作成・再生する新たな方法も発表した。チームメンバーが録画した短いクリップをチャンネルやDM(ダイレクトメッセージ)にアップロードすると、他のメンバーは好きな時に見て、対応できる。

 「対面でのミーティングをビデオに移すだけでは、うまくいかない。情報を表現力豊かに、非同期的に共有・消費できるようにすれば、人々の働き方を柔軟にして、ビデオ会議の必要性を減らすことができるはずだ」(Yehoshua氏)

 例えば、マネジャーは週次ミーティングの代りに、月曜日にチームのSlackチャンネルに動画をアップロードできる。異なるタイムゾーンにいるチームメンバーは、都合の良い時間に動画を見て、チャンネルにコメントを残すことができる。リアルタイム字幕を見たり、自動的に文字化された内容を検索したりもできる。これらの機能は試験運用中で、今後数カ月のうちに有料プランの顧客に提供される。

 また同社は新たに、社員名簿として機能するSlack Atlasを発表した。これは、同社が2020年7月に買収した従業員ディレクトリーの新興企業Rimetoの製品を統合したことで実現した。このツールにより、組織図や専門知識など、社内の従業員に関する情報を検索でき、組織内の全体像を把握できる。社内の複数ソースから情報を取り込み、名前をクリックするだけで情報にアクセスできる。Slack Atlasは現在、「Business+」「Enterprise Grid」プランを利用する一部の顧客に提供されている。

Slack Atlas
提供:Slack

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]