「Microsoft Teams」、ビデオ会議で98人まで表示可能に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-06-17 14:08

 「Microsoft Teams」のビデオ会議で98人もの大人数を表示できるようになった。これまでは最大表示人数が49人で「Zoom」と同じだったが、それが2倍に増える。

 ビデオ会議で同時に98人を表示するというと負荷が大きすぎるように思えるが、Microsoftは「ラージギャラリー」モードの新しいページ分け機能で対処している。

 ラージギャラリーモード時に表示する人数が49人を超えると、ラージギャラリーの下にナビゲーションコントロールが現れる。これを使うことで、さらなる参加者を表示し、やり取りすることもできる。

 1つの画面に49人を表示する時点ですでに心理的な負担がかなり大きく、その人数が2倍になれば、たいていのディスプレイでは動画が小さくなりすぎるだろう。49人ずつ2ページで表示するという選択は理にかなっているように思える。

 Microsoftは世界中の従業員16万人について、ハイブリッド型の労働形態に移行できるよう準備を進めており、そういった状況の中でこのページング機能が登場した。

 現時点で対応しているのは「Window 10」版と「macOS」版のTeamsアプリのみだ。一方、49人の動画表示は、「Chrome」および「Chromium」ベースの「Edge」でも2020年12月から利用できるようになっている。

 ページング機能はパブリックプレビュー版として公開されており、まだテスト段階だが、パブリックプレビューのチャネルで誰でも入手できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]