編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

紙とExcelの製造管理をスマホに移行--3日で構築、傾向分析で人員配置を最適化

藤代格 (編集部)

2021-07-26 07:00

 沖縄そば麺、サータアンダギーといった沖縄商材の小売りや卸売り、製造 などを事業とするおきなわ物産センター(横浜市鶴見区、従業員数26人)は、オフィス以外の業務現場向けモバイルアプリを簡単に開発、運用、配布できる「Platio(プラティオ)」を導入。

 1人当たりの報告作業工数を月4時間削減し、紙の報告書をなくしたという。7月20日、提供するアステリア(品川区)が発表した。

導入前後の作業フローイメージ(出典:アステリア) 導入前後の作業フローイメージ(出典:アステリア)
※クリックすると拡大画像が見られます

 自社工場で製造する沖縄そば麺やサータアンダギーの製造管理に、紙と「Excel」を活用。使った原材料の量や製造時間、工数などを毎日紙に記録し、事務所備え付けのPCで毎週Excelに転記、集計していたという。

 入力の手間や、データを取り込むまでの1週間のタイムラグなどが課題だったとしている。

 Platioを活用し、「製造日報」アプリを3日で作成。工場にいるスタッフのスマートフォンから製造報告を入力できるという。ペーパーレス化しつつ、1人当たりの報告作業工数を月4時間削減できたとしている。

 Platioの基本機能と集計データを活用し、グラフなどによる推移の可視化、1時間ごとの製造量平均値の自動算出などができるという。

 1日当たりの基準目標の設定や傾向分析が可能となり、最適な人員配置によるコスト削減、売上拡大に向けた製造計画の策定などができると説明。

 戦略の立案、生産性向上に向けた意識改善につながっているとしている。

「製造日報」アプリの画面イメージ(出典:アステリア) 「製造日報」アプリの画面イメージ(出典:アステリア)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]