編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

インテルとデル、「AI for Workforce Program」を拡大--次世代のAI人材育成に向け

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-05 12:04

 Intelは米国時間8月3日、Dell Technologiesと協力し、「AI for Workforce Program」を拡大することを発表した。このプログラムは、米国でコミュニティカレッジが人工知能(AI)の修了証書の作成、既存のAIコースの強化、AI関連の学位プログラムの立ち上げなどを実施できるよう支援している。IntelはDellと共同で、技術とインフラに関する専門知識を提供する。プログラムは全米11州の18校で追加されている。

 プログラムは、増加しているAI関連の職に対応できるスキルを学生が習得できるよう支援する狙いがある。Intelはコミュニティカレッジが、データ収集やコンピュータービジョン、AIモデルのトレーニング、コーディング、AI技術の社会的影響や倫理など、さまざまなトピックのコースを開発できるよう協力する。

 Intelの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は、「次世代の労働力は世界の最も難しい問題の解決策を作り出すための、AIのスキルとトレーニングを必要とするだろう。コミュニティカレッジは革新的な発想を解き放つにあたり、非常に大きな役割を果たす」と述べた。「私はコミュニティカレッジでテクノロジーへの情熱を育み、キャリアをスタートして歩んできた。それは最終的に、IntelのCEOという夢見ていた職に就くことにつながった」

 プログラムは2020年、Intelとアリゾナ州マリコパ郡のコミュニティカレッジとのコラボレーションとしてスタートした。さらに、カリフォルニア、ニューメキシコ、ネバダ、ニュージャージー、ウィスコンシン、インディアナ、テキサス、ペンシルベニア、オレゴン、ミシガンなどのカレッジが参加する。

 これまでに80人を超えるコミュニティカレッジの教授がIntelから専門能力開発の訓練を受け、IntelのAIトレーナーとして認定されている。Dellはカレッジが、対面、ハイブリッド、オンラインで学生に教えるAIラボを最適な形で構成できるよう支援している。

 AI分野の多様性をもたらすことも、コミュニティカレッジと協力するIntelの狙いだ。プログラムに参加するうちの8校は米教育省からマイノリティ受入大学(MSI)として指定されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]