編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

CES 2022、ワクチン接種証明の提示を参加者に義務付け

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-08-18 09:18

 ラスベガスで開催される対面形式のCES 2022に参加する人には、新型コロナウイルスのワクチン接種証明を提示することが義務付けられる。全米民生技術協会(CTA)が米国時間8月17日に発表した。年次技術見本市であるCESは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2021年は全面オンラインで開催されたが、2022年は再びラスベガスに参加者を招くことになっている。

CES会場
提供:Consumer Technology Association

 「われわれは皆、ワクチン接種を推奨し、適切な安全対策をとることによって、パンデミックの終焉に貢献している。ラスベガスで開催されるCES 2022の参加者にワクチン接種証明書の提示を求めることで、われわれは自らの責任を果たす」と、CTAの会長を務めるGary Shapiro氏は述べた。

 CTAは、米疾病予防管理センター(CDC)が推奨する安全対策に従う予定で、追加または修正した対策を開催日近くに発表する可能性があるという。また、抗体検査の陰性証明書を代替要件として認めるかどうかも検討中だとしている。

 CTAによると、Amazon、AMD、AT&T、Daimler AG、Dell、Google、現代自動車、IBM、Intel、レノボ、LG、パナソニック、Qualcomm、サムスン、ソニーなど、1000社を超える企業がCES 2022に参加する予定だという。ラスベガスでの対面形式のイベントと並行して、オンライン形式のイベントも開催される予定だ。

 CES 2022は1月5~8日に開催され、メディアデーは1月3~4日となる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]