日立エナジー、電力品質ソリューション向けデジタルツインソリューションを発売

NO BUDGET

2021-11-18 13:19

 日立エナジーは、高圧直流送電(HVDC)変換所やSTATCOM(無効電力補償装置)をはじめとした電力品質ソリューション向けのデジタルツインソリューション「IdentiQ」を発売した。

 同ソリューションは、日立のデジタルソリューション「Lumada」の運用管理デジタルソリューション「Lumada Asset and Work Management」をはじめとするさまざまな企業のビジネスシステムと連携し、現場から経営までシステム全体を可視化する。

 デジタルツインとは、フィジカル空間(現実世界)に存在する製品や設備の情報などをリアルタイムに収集してサイバー空間(仮想世界)に送り、サイバー空間上にフィジカル空間と全く同じ状態・状況を再構築する技術。

 IdentiQは、資産の情報/分析/運用データを一カ所に集約し、設計図書や運用/保守手順、安全に関するトレーニング、監視/分析用の運用データなどをユーザーのニーズに合わせてカスタマイズが可能な画面で提供する。これには資産全体を3Dで視覚化する機能も含まれており、プラントや機器のさまざまな情報にワンクリックでアクセスすることができる。

 遠隔での総合的な分析とサポート、経年設備の紙ベース情報のデジタル化を可能にし、ライフサイクル全体にわたって資産の性能変化に対応できるようにする。業界最高水準のサイバーセキュリティ標準準拠による資産データや情報の紛失・破壊からの保護が可能となり、現場での作業手順や避難経路などに関する事前の仮想訓練なども実施できるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]