編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

KDDIら、空間のメディア化ソリューション提供へ--都市空間に広告やコンテンツを配信

NO BUDGET

2022-01-28 15:52

 KDDIとPsychic VR Labは、第5世代移動通信システム(5G)や仮想専用サーバー(VPS)などのXR技術で、実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる空間のメディア化ソリューション「XRscape(エックスアールスケープ)」を2月1日から提供する。Psychic VR Labでは、ブラウザーだけでXR空間を構築し、配信できるリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を展開している。XRscapeの提供料金は個別見積もり。

XRscapeの利用イメージ
XRscapeの利用イメージ

 XRscapeはXRクリエイティブツール「STYLY Studio」を使い、都市空間に重ねる拡張現実(AR)/複合現実(MR)コンテンツを簡単に制作・管理・配信することが可能。利用者は「SATCH X」を使ってスマートフォンをかざすことで、実在の空間にコンテンツを重ね合わせる「XRのある風景」 (XRscape)に簡単にアクセスできる。

 SATCH Xは、KDDI総合研究所による大規模画像認識エンジン(SIRE)を活用した画像認識によるARコンテンツ表示機能やQRコードリーダー機能に加え、マーカーレスの空間認識によるXRコンテンツ表示機能、一般のクリエイターが制作したXRコンテンツを表示できる機能を持った5G・XRビューワーアプリ。

 XRscapeの想定ユースケースは、AR/MRコンテンツやデジタル広告の配信のほか、回遊型ARスタンプラリーやキャラクターグリーティングが挙がっている。

 広告主となる企業やイベント主催者は、XRscapeを利用することにより、都市空間にバーチャル広告やコンテンツを自由に設置でき、都市全体を活用したプロモーションなどを容易に実施することが可能。加えて、都市の回遊性を高めるARスタンプラリーなども簡単に実施でき、都市全体を大規模なプロモーションなどに活用できる。

 KDDIとPsychic VR Labは、パルコと共同で、スタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用し、新規事業創出を目指す事業共創プログラム「∞(ムゲン)の翼 2021」の一環として、東京都渋谷区の「渋谷PARCO」1階「ナカシブ通り」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を空間のメディア化の対応施設とした。

 都市空間向けのコンテンツ制作と配信は、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市で対応しており、今後全国の都市や施設に拡大していく。

渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」での利用イメージ
渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」での利用イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]