「LegalForce」、案件管理機能をアップデート--契約書の版管理を効率化

河部恭紀 (編集部)

2022-02-21 15:52

 人工知能(AI)契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供するLegalForceは2月18日、契約業務における案件依頼の受付に対応する「案件管理」機能をアップデートし、案件詳細画面から最新の契約書を取り込むことのできる機能を公開した。

 今回のアップデートにより、契約書の版管理にかかる工数やミス、契約書のやりとりで発生しがちな行き違いなどによるトラブルが解消されるという。

 LegalForceの機能として2021年10月にリリースされた案件管理機能は、各企業専用に発行されたメールアドレスを宛先に入れて契約書の作成や審査を依頼するメールを送ることでその内容を自動的にLegalForceに反映し、案件受付を実行する。依頼された案件が一覧できるため、担当者や進行状況などを一元管理することができる。

 契約業務では、事業部と法務部、事業部と契約相手の間で契約書のやりとりが複数回発生するため、版管理が煩雑となる。今回のアップデートにより、案件管理機能の案件詳細画面より、メールに添付されている契約書をワンクリックで取り込み、最新版として版管理することができるようになった。これにより、版管理にかかる工数やミスなどを削減することができるようになるとLegalForceは説明する。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]