編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
調査

SaaS活用者の約7割、「SaaSによりDXが進んだ」と回答--LegalForce調査

NO BUDGET

2022-02-04 14:49

 人工知能(AI)契約審査プラットフォーム「LegalForce」などを提供するLegalForceは、自部署でSoftware as a Service(SaaS)を導入していると回答した1000人を対象に、SaaSの活用に関する実態調査を実施し、結果を発表した。

 これによると、「SaaSを活用できている」と回答した回答者の約7割(398人)が、SaaSによりデジタル変革(DX)が進んだと回答していることが分かった。

図1

 この調査は、2021年12月22日〜23日の期間にインターネット調査で実施された。会社員、会社役員のいずれかに該当する9960人のなかで、自部署でSaaSを導入していると回答した1000人を調査対象としている。

図2
図3

 その他の結果としては、回答者が属する企業の規模が大きくなるにつれて、「自部署でSaaSを導入している」と回答した割合が増加しており、小規模企業(299人以下)では、 「自部署でSaaSを導入している」と回答した割合はわずか6.0%だった。さらに調査対象者の約4割(439人)が、3年未満以内にSaaSを最初に導入したと回答している。

図4
図5

 またSaaS導入理由については、回答者の約4割(399人)が「運用・保守体制を社内に持つ必要がないから」と回答しており、回答者の約4割(435人)が、SaaSを導入しているが活用できていないと回答している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]