海外コメンタリー

ウクライナ政府が創設、有志が集う「IT軍」--かつてない局面に新たな問題も

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-03-04 06:30

 ウクライナは、ロシアのハッカーから自国を守り、サイバー脅威に対抗して反撃作戦を実行する「IT軍」を創設している。

 ロシアのウクライナ侵攻には、同国の公共サービスやインフラを標的としたサイバー攻撃が伴っており、これにはDDoS攻撃破壊的データ消去型マルウェアなどが含まれている。これを受けて、ウクライナ政府はサイバーセキュリティ面での支援を提供する有志の支援者を募集している。ただしこの組織には、ロシアに対して攻撃的なサイバー活動を行うための支援も求められている。

 ウクライナのMykhailo Fedorov副首相は現地時間2月26日に、「私たちはIT軍を組織している」とツイートした。Fedorov氏は、「全員に作業がある。私たちはサイバー面でも戦い続ける。最初の作業は、サイバー専門家向けのチャネルに投稿されている」と述べ、「ウクライナIT軍」に参加するための「Telegram」(メッセージングサービス)のリンクを添えている。

 ウクライナ政府は、重要インフラや公共サービスを攻撃から守るための支援を求めているのに加え、攻撃対象として31のロシアのウェブサイトが掲載されたリストを示している。

 このリストには、政府組織と民間部門の両方が含まれており、政府機関、銀行、重要インフラ、エネルギー事業者などが挙げられている。例えば、リストには天然ガスの生産、供給を行っているGazpromや大手石油会社のLUKOIL、ロシアの電子メールサービス事業者であり検索エンジンを提供しているYandexなどの名前が含まれている。攻撃対象のリストは、一部のアンダーグラウンドのフォーラムでも配布されている。

 今回の衝突が始まってからネットワーク上で起こった動きは、IT軍の設立だけではない。ハクティビスト集団であるAnonymousは、ウクライナを支援してロシアに対して行動を起こすと述べており、ロシア国内のサイバー犯罪グループも、Vladimir Putin大統領の侵攻を支援するために、攻撃的な活動を行うと表明している。

 例えば、Contiと呼ばれるランサムウェア攻撃グループは、「ロシア政府に対する全面的な支持」を表明し、ロシアに対するサイバー攻撃への反撃として、「敵の重要インフラに反撃する」と発信した。ただしContiは、しばらくしてから、同グループは特定の政府を支持しているわけではないが、ロシア国民を対象とした西側や「アメリカのサイバー攻撃」に対抗して反撃すると声明を変更している。その後、Contiから大量に内部情報が流出したが、これはさらなる報復行為の1つだとみられる。またBBCは、ウクライナのウェブサイトや公共サービスに対する攻撃の一部は、ロシアのハッカーが、国から直接の命令なしに、自主的に行ったもののようだと報じた。

 セキュリティ企業Check Pointの分析によれば、ロシアが侵入してから最初の3日で、ウクライナの政府や軍を標的としたサイバー攻撃196%増加したという。ウクライナのIT軍に参加する人が増えていることを考えれば、サイバー攻撃は今後も双方向で続く可能性が高い。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]