編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Zoom会議、ネコなどの動物アバターで参加可能に

Attila Tomaschek (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)

2022-03-24 12:50

 これからはZoom会議に、アニメのように動く動物のアバターで参加できる。Zoomは米国時間3月22日、アバター機能を発表し、これにより会議やウェビナーに楽しさを盛り込んだり、雰囲気を明るくしたりできるとした。

Zoom会議にアバターで参加する人々
提供:Zoom/Screenshot by CNET

 新たに導入された動物のアバターはAppleの「ミー文字」のように、ユーザーの頭部の動きと顔の表情を自動で反映する。現在はキツネ、ネコ、ウサギ、アライグマなど動物のキャラクターしかないが、Zoomによると、今後のアップデートでアバターの選択肢をさらに広げていくという。

 この機能は会議に楽しい遊びの要素を加えるだけでなく、「Zoom疲れ」と呼ばれる現象の現実的な解決策になるかもしれない。

 また、Zoomによると「カメラの前で顔出しはしたくないが、身ぶりや表情を表現したいユーザーにとってのちょうど良い妥協策」になる可能性があるという。教師がオンライン授業で生徒の関心を高めたり、小児科医がオンライン診療の際、子どもにとってよりリラックスできる雰囲気を作ったりするのにも使えるとしている。

 この機能は「Windows」「macOS」「iOS」で利用できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]