アマゾン、衛星ブロードバンド計画「Project Kuiper」に向けBlue Originなどと契約

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2022-04-06 11:14

 Amazonは米国時間4月5日、創業者のJeff Bezos氏が率いる民間航空宇宙企業Blue Originのほか、Arianespace、United Launch Alliance(ULA)と提携し、「Project Kuiper」用のロケットを確保すると発表した。Project Kuiperは、低軌道衛星コンステレーションを利用し、グローバルなブロードバンドアクセスを拡大することを目指すAmazonのイニシアチブだ。5年間で数多くの衛星を低軌道に送り込む計画だ。「Hughesnet」「Viasat」などのよく知られた衛星インターネットサービスや、Elon Musk氏の「Starlink」などと競争できるサービスを開始することを目指す。

Blue Origin、Amazon
提供:Amazon/Business Wire

 AmazonはProject Kuiperで3236基の衛星を軌道に送り込む計画だ。この契約の下、5年間で83回の打ち上げを実施し、その過半数を達成できるようになるとしている。

 Amazonのデバイスおよびサービス担当シニアバイスプレジデントDave Limp氏は声明の中で、「Project Kuiperは、サービスが普及しておらず、サービスが行き届いていない世界中の地域の顧客数千万人に、高速で安価なブロードバンドを提供する」とし、「われわれにはまだやるべきことが数多くあるが、当社の衛星システムのあらゆる側面で、チームは次々とマイルストーンを達成し続けてきた」と述べた。

 United Launch Allianceとの契約では、重量物打ち上げロケット(HLV)「Vulcan Centaur」で38回打ち上げる。また、欧州を拠点とするArianespace「Ariane 6」のロケットで18回打ち上げる契約となっている。Blue Originは今回の契約で、打ち上げロケット「New Glenn」による12回の打ち上げに対応するほか、最大15回の追加打ち上げのオプションでも合意している。

 Amazonは今回の契約について、「打ち上げロケットの商用調達としては史上最大」だとしている。Project Kuiperには現在1000人超の従業員が携わっている。安定したブロードバンドに代わる手段がない地域の住民、企業、政府の顧客など大勢にインターネットサービスを提供することを目指すという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]