Twilio Japan、「三越伊勢丹リモートショッピングアプリ」開発を支援

NO BUDGET

2022-06-13 11:32

 Twilio Japanは、三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹)の「三越伊勢丹リモートショッピングアプリ」開発を支援したと発表した。開発には、三越伊勢丹のデジタルトランスフォーメーション(DX)を担うアイムデジタルラボが協力し、アジャイル開発を推進した。これにより開発スタートからリリースまで約3カ月という短期間でのリリースが実現した。

 同アプリは、1つのアプリ内でチャットによる会話から動画接客、決済までが完結できる。これによりリアル店舗での買物体験と同様に、オンライン上においても、百貨店らしいOne to Oneのサービスや商品レコメンドが受けられる。

 また新たに開発した「個品登録機能」により、アプリ上での接客・会話の中で欲しいと思った商品はそのまま顧客の専用カートに入れることもできる。そのため、自宅にいながら三越伊勢丹オンラインサイトで取り扱いのない商品も含めた店頭(伊勢丹新宿本店・三越日本橋本店・三越銀座店・伊勢丹立川店)の商品を購入することが可能だ。

 Twilioのサービスを利用することで、1つのプラットフォーム上で、高性能なAPIをすぐに統合することができ、SMSや「WhatsApp」メッセージング、音声、ビデオ、メールに対応するソリューションの構築を始めることが可能だ。

 三越伊勢丹とアイムデジタルラボは、チャット機能、ビデオ通話機能の実装容易性に加えて、すでに計画していたSMS送信機能やメール送信機能の追加などを見据え、その拡張性の高さから、Twilio製品の導入を決定した。

 三越伊勢丹では、1回目の緊急事態宣言の解除直後には、店頭接客に替わる一時的な手段として、ビデオ通話アプリやビデオ会議システムを用いたオンライン接客サービスを行っていた。しかし同社は顧客が1つの施設の中で複数のショップを利用する百貨店特有の購買行動をデジタルで再現することをめざしており、そのためには、アプリ上で複数のショップとのやりとりができる独自の設計が必要だった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]