NTTデータ、米Postlight買収--デザインやアプリケーション開発力を強化

大場みのり (編集部)

2022-06-02 18:13

 NTTデータは6月2日、北米子会社NTT DATA Servicesを通して、デジタルデザインやアプリケーション開発を行う米Postlightを買収すると発表した。

 北米分野では、2021年のNexientの買収でアプリケーション開発/モダナイゼーション領域の体制を強化し、2022年3月にはVectorformの買収により、同領域における顧客体験(CX)やアプリケーションデザインへの対応力を拡充した。今回、Postlightの買収を通して、デジタルデザインやアプリケーション開発力の強化に加え、主に金融など顧客の業界に合った対応力を補完することで、競争力の向上を図る。

 NTT DATA Services Consulting and Digital Transformation Services Group PresidentのWayne Busch氏は「Postlightは、金融やメディア、消費財業界などの顧客に対し、先進的なデジタルデザインや高品質なアプリケーション開発サービスの提供を通して、競合他社との差別化を支援している。今回の買収は、アプリケーション開発やモダナイゼーション領域における競争力の強化を図るための戦略的投資の一環であり、よりスピード感のあるデジタルサービスの提供を支援することが可能となる」とコメントしている。

 Postlight 最高経営責任者(CEO)のGina Trapani氏は「われわれの使命は、優れたデジタルエクスペリエンスの創造を通して、顧客にポジティブな変化をもたらすこと。NTTデータが掲げる“Trusted Global Innovator”というビジョンはわれわれの文化と親和性が高く、グループの一員になることで顧客に提供するデジタルサービスの領域や価値を拡大できることをうれしく思う」と述べる。

 同社のChris LoSacco氏は「NTTデータと連携することでサービスの提供能力やデリバリー体制の大幅な拡充が可能となり、戦略やデザインからアプリケーション開発、サポートまで、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)を強力かつ一貫して支援できるようになる」としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]