芝浦機械とマクニカが熟練技能の継承をAIで実現

NO BUDGET

2022-06-22 09:29

 芝浦機械とマクニカは、芝浦機械の門形マシニングセンタ「MPFシリーズ」において、加工状態(チッピング、びびりなど)を判断し最適制御につなげるという機能を人工知能(AI)で実現。自動化を目指すと発表した。

 この作業を担う加工オペレーターは、経験と自らの感覚で加工状態を判別しているといい、オペレーターの技術と経験を“知能化”することで、生産効率の向上や品質の均一化につなげるとしている。

 この取り組みでは、マクニカのAI専門組織「AI Research & Innovation Hub(ARIH)」が提供する、AI社会実装サービス「Re:Alize」を活用した。

リアルタイムの加?情報から AI が加?状態を推定(イメージ図)
リアルタイムの加?情報から AI が加?状態を推定(イメージ図)

 日本の工作機械メーカーでは、高度なセンシング機能やAIなどの最先端技術を搭載することで、熟練技能という目に見えない資産を価値に変換し、工作機械の製品競争力を高めることが喫緊の課題となっているという。そうした中、工作機械の加工状況の管理や工具の摩耗管理などは、従来ベテラン職人の知見に依存した作業になっており、工作機械の高度化における課題の一つとするる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]