海外コメンタリー

セキュリティ部門はもう限界、サイバー犯罪の増加がストレスに

Owen Hughes (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-11-02 06:30

 ランサムウェア攻撃が増え、ユーザーや企業が新たなリスクにさらされている中、サイバーセキュリティ専門家は「限界に達している」。

険しい表情のIT担当者
提供:Getty Images

 Mimecastが世界のサイバーセキュリティ専門家1100人を対象として実施した調査では、回答者の3分の1が、ストレスや燃え尽き症候群が原因で、今後2年以内に仕事を辞めることを検討していることが分かった。

 レポートによれば、サイバー犯罪の発生率が上昇し、サイバー攻撃に対するメディアの注目が大きくなっていることが、セキュリティチームにとって強いプレッシャーになっているという。多くの回答者がサイバー攻撃を受けた結果職を失うことを恐れており、増大する負担に対処するのが難しいと感じている人もいた。

 Mimecastは、セキュリティチームが「継続的な攻撃、混乱、燃え尽き症候群が詰め込まれた圧力釜」の中に置かれており、そのことによって、企業の安全を守るために必要なサイバーセキュリティ専門家を雇用し、維持するのがますます難しくなっていると述べている。

 Mimecastの欧州・中東・アフリカ地域担当最高技術責任者(CTO)を務めるJohan Dreyer氏は、米ZDNetの取材に対して、業界が直面している問題を解決する対応が取られない限り、ITセキュリティチームの人員不足は、「業界全体」のITチームに「ドミノ倒し的」な影響を与えるだろうと語った。

 またDreyer氏は、この数カ月間だけでもランサムウェアや決済詐欺、産業スパイ行為、知的財産の窃盗、偽情報の拡散などが「警戒すべきペース」で増加しており、企業や消費者は、サイバー犯罪者に対して脆弱な立場に置かれているとした。

 同氏は米ZDNetに対して、「サイバースキルに対する需要はこれまでになく高まっており、必要な専門知識を持った労働者の不足が、慢性的に職場におけるスキル不足の悪化を引き起こしている」と述べた。

 「しかも今は、IT関連の人材に対する需要もうなぎ上りになっている。このスキルギャップは、業界全体のITチームに対してドミノ倒し的に悪影響を及ぼしており、多くの専門家が限界に達している」

 Mimecastが調査したサイバーセキュリティ責任者の約3分の2(64%)は、過去1年以内に1回以上のランサムウェア攻撃を経験したと述べており、回答者の77%は、自社に対するサイバー攻撃の件数は、2021年から増加したか変化がなかったと回答していた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]