海外コメンタリー

Metaが「Android」アプリの開発言語をJavaからKotlinに移行する理由とは

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2022-11-07 06:30

 「Facebook」を運営するMetaは米国時間10月24日、同社が多数抱えている「Android」アプリのコードベースをJavaからKotlinに移行するという、複数年にわたる取り組みについて詳しく説明した。

PCの画面を見ながら話す2人の女性
提供:Getty Images/Nitat Termmee

 同社が数千人もの開発者を抱えており、Facebookや「Instagram」「Messenger」のほか、「Portal」デバイスや「Quest」仮想現実(VR)ヘッドセットのアプリを含む数多くの大規模なAndroidアプリを有しているという点で、これは大変な作業だと言える。

 MetaのソフトウェアエンジニアであるOmer Strulovich氏は同社ブログに、「Android開発に現在用いているJavaと距離を置き、Kotlinへと移行していくというのは簡単な作業ではない」と記している。

 Kotlinへの移行は現在進行中だが、MetaのAndroidアプリのリポジトリーに格納されているKotlinコードは既に1000万行に達している。

 Strulovich氏は「FacebookとMessenger、InstagramのAndroidアプリは現時点で、それぞれ100万行を超えるKotlinコードを抱えており、移行のペースが加速してきている。合計すると、われわれのAndroidのコードベースには1000万行を超えるKotlinコードが含まれている」と記している。

 Javaは、エンタープライズアプリケーションでの利用の多さから、プログラミング言語の人気ランキングでトップ3の1つに挙げられている。一方、Kotlinはそれほどの人気を有していないものの、それでも20位圏内に入っている。とはいえ、MetaがAndroidアプリの開発言語をJavaからKotlinに切り替えているのは、Metaの規模と同社のアプリの数を考えると画期的と言えるだろう。

 MetaがKotlinへの切り替えを図る動機となるメリットは複数存在しているものの、Strulovich氏はこの移行が少なくとも大規模アプリにとってリスクを呼ぶ、いくつかの無視できないデメリットも有しているとした上で、その概要を説明している。

 まず、JavaとKotlinの人気に大きな差があるため、Kotlin用のツールの数は相対的に少ない上に、そういったツールはKotlinとJavaの相互運用性を考慮する必要から複雑なものとなっている。その結果、両言語間の相互運用性は100%であるにもかかわらず、MetaはJavaで記述されたコードの全てを移行することはできないと判断した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]