「Windows 11」のタスクマネージャーにフィルタリング機能--プレビュー版で

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-11-14 10:52

 Microsoftは米国時間11月10日、「Windows 11 Insider Preview」の「Build 22621.891」と「Build 22623.891」をBetaチャネルで提供開始した。PCで実行中のプロセスを確認できる「タスクマネージャー」に重要なアップデートを加えている。

PCを利用する人々
提供:Getty/MoMo Productions

 タスクマネージャーの主要な変更点は、ユーザーから最も要望の多かった機能の1つである、プロセスのフィルタリング機能だ。今回のアップデートにはこのほか、タスクマネージャー固有のダークモード設定など、歓迎すべき視覚的な変更も含まれている。

 タスクマネージャーでは、バイナリ名やPID、発行者名でプロセスを絞り込めるようになった。このフィルターは、ページを切り替えても適用される。

フィルタリング機能のスクリーンショット
提供:Microsoft

 Microsoftはリリースノートで、「タスクマネージャーにプロセスのフィルタリング機能が加わる。プロセスの絞り込みや検索は、ユーザーからの要望が最も多かった機能だ。バイナリ名、PID、発行者名でプロセスを絞り込むことが可能になる。フィルターのアルゴリズムは、コンテキストキーワードと一致している可能性があるすべての候補を抽出し、現在のページに表示する」としている。

 「フィルターは、ページを切り替えても適用される。また、キーボードショートカットの『ALT』+『F』を使用してフィルターボックスにフォーカスすることもできる。これは、1つまたは複数のプロセスを抽出してアクションを実行したいときや、フィルタリングされたプロセスのパフォーマンスを監視したいときに便利だ」(同社)

 また、タスクマネージャーの「設定」では、Windowsの設定に関わらず、新しい「アプリテーマ」の項目で「ライト」「ダーク」「システム設定を使用する」の3種類から選択できるようになった。

 タスクマネージャーはアプリ内ダイアログでもダークテーマをサポートするようになった。「『新しいタスクを実行する』と『プロパティ』のダイアログを除くすべてのダイアログがテーマをサポートし、アプリ固有のテーマかWindowsのテーマのいずれかに準拠するようになった」という。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]