「C++」が「Java」を抜いて3位に--12月のTIOBEプログラミング言語ランキング

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-12-07 11:32

 TIOBEのプログラミング言語指標で、「C++」が「Java」を抜いて、3番目に人気のある言語になった。

PCを使う人
提供:Shutterstock / iJeab

 オランダのソフトウェア品質テスト会社TIOBE Softwareの最高経営責任者(CEO)であるPaul Jansen氏によると、TIOBE指標でC++がJavaを抜いたのは初めてのことであり、Javaがトップ3に入らなかったのは2001年以来初めてのことだという。

 「C++の人気が高まる一方で、Javaの人気は低下している。TIOBE指標の歴史で初めて、C++がJavaよりも上位にランクインした。つまり、Javaは4位に転落した」とJansen氏。「2001年にTIOBE指標の発表が開始されて以来、Javaがトップ3から脱落したのは、今回が初めてだ」

 Jansen氏は、「Kotlin」と「Julia」がトップ20に近づきつつあることにも言及している。KotlinはJavaと互換性があり、GoogleはKotlinをAndroidアプリ開発用言語としてサポートしている。一方、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らが2012年に公開したJuliaは、データサイエンス分野で人気がある。

 アナリスト企業のRedMonkは2018年、「Python」のライバルになる可能性がある言語として、Juliaを挙げた。Juliaは、RedMonkが2022年6月に発表した最新のトップ20リストにはランクインしていないが、もう少しのところまで来ている。

 前年のTIOBE指標と比較すると、大幅に順位を上げたトップ20の言語には、「Rust」(27位から20位に)、「Objective-C」(29位から19位に)、「MATLAB」(20位から14位に)、Googleの「Go」言語(19位から12位に)などがある。

Tiobeによるランキング
提供:TIOBE

 Appleは同社のプラットフォーム向けのアプリ開発用言語としてObjective-Cよりも「Swift」を推奨しているが、2021年12月のTIOBE指標で10位だったSwiftは今回、15位に順位を下げた。RedMonkの指標では、SwiftとObjective-Cは接戦を繰り広げており、それぞれ11位と12位にランクインしている。最も使用されているプログラミング言語をランク付けしたStack Overflowのリストでは、Swiftは19位にランクインし、27位のObjective-Cを上回った。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]