編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
調査

RedMonkの人気プログラミング言語ランキング--上位4言語は変わらず

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-11-11 10:42

 JavaScriptやPython、Java、PHPを身に付けている開発者は、その言語で当面生きていくことができるだろう。少なくとも、ソフトウェア開発関連の調査会社RedMonkによる人気プログラミング言語の最新調査を見る限り、そう判断しても良さそうだ。

PCを見つめる人物
提供:puhhha / Shutterstock

 RedMonkが「GitHub」上のプロジェクト数と、開発者フォーラムの「Stack Overflow」で交わされる議論の数に基づいて、半年ごとに発表している言語ランキングによると、上位4言語の順位は前回の3月から変化していない。また、上位20言語にもほとんど変化が見られない。

 このランキングは、言語の新たなトレンドを開発者が見い出せるようにするための、おおよその人気を計る指標という位置付けになっている。しかしRedMonkによると、上位20言語は過去2年間ほとんど変化しておらず、近い将来において変化する兆しも見えないという。

 月に1度のペースで言語のインデックスを発表しているTIOBE Softwareのランキングでも、PythonとJava、C、C++が上位4言語の地位に君臨しており、他言語の付け入る隙を与えていない。

 MicrosoftがJavaScriptのスーパーセットであるTypeScriptを生み出し、数年前にはAppleがSwiftを生み出したことで、ランキングは大きく変動した。また、両言語は過去10年間において最も急速に成長した言語となっている。システムプログラミング言語として人気のあるRustとGoも徐々に上位20言語に入ってくるようになり、Javaと互換性のあるKotlin(Googleは同言語を「Android」アプリ開発の第1選択肢として位置付けている)と、Dartも同様だ。Dartは、JavaScriptの制約に対処する目的でGoogleが生み出した言語であり、Microsoftも類似の課題を解決するために、同時期にTypeScriptを生み出している。

 RedMonkのアナリストであるStephen O'Grady氏が指摘しているように、新進気鋭とされていたこれらの言語はすべて、既におよそ10年の歴史を持つに至っている。

 新たに登場してくる言語がほとんどないとはいえ、「まれな例外」もある。それが5年前に生み出されたBallerinaだ。この言語はC言語ファミリー、特にCやC++、Java、JavaScript、C#、TypeScriptに慣れ親しんだ経験豊富なプログラマーを対象としており、RedMonkの今回のインデックスでは87位に入っている。

 上位20言語は比較的変化が少ないとはいえ、それは開発者が既存の選択肢で満足しているためとも考えられ、必ずしも悪いことではない。ただ、この分野におけるイノベーションが一時的に停滞していることの表れという可能性もある。

 ランキングは以下の通り。

  1. JavaScript
  2. Python
  3. Java
  4. PHP
  5. C#
  6. CSS
  7. C++
  8. TypeScript
  9. Ruby
  10. C
  11. Swift
  12. R
  13. Objective-C
  14. Shell
  15. Scala
  16. Go
  17. PowerShell
  18. Kotlin
  19. Rust
  20. Dart
プログラミング言語ランキング
提供:RedMonk

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]