マイクロソフト、ロンドン証券取引所と10年契約--株式4%を取得

ZDNET Japan Staff

2022-12-13 12:33

 Microsoftは米国時間12月11日、ロンドン証券取引所グループ(LSEG)と10年間の戦略的パートナーシップを結んだことを明らかにした。LSEGは、2019年に金融データを企業に提供するRefinitivを買収したことで、世界有数の金融データプロバイダーとなっている。

 両社は、190カ国、4万社以上の顧客にサービスを提供しているRefinitivのプラットフォームを含むLSEGのデータプラットフォームをMicrosoft Cloudに移行する計画だ。それを基盤として共同で新たな金融データプラットフォームを構築する。金融業界の厳格なセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに関する要件に対応可能な「LSEG Workspace on Microsoft Teams」プラットフォームを実現し、Excelの統合を強化することで、Excel形式で提供されるLSEGのコンテンツを利用した金融モデルの作成のほか、データのアナリティクスや視覚化を行ったり、LSEG Workspaceと「Microsoft 365」間でシームレスに作業したりできるようにするという。

 ロンドン証券取引所グループの最高経営責任者(CEO)David Schwimmer氏は、「当社の優れたデータセット、アナリティクス、グローバルな顧客ベースと、Microsoftの包括的で信頼できるクラウドサービスやグローバルなリーチを組み合わせることで、両社にとって魅力的な収益成長機会を生み出すことができる」と述べている。

 Microsoftは、このパートナーシップの締結に伴い、BlackstoneとThomson Reutersのコンソーシアムから約4%のLSEG株を取得する。

 今回のパートナーシップや市場機会の拡大によって同社は、今後10年間で50億ドル(約7000億円)の収益を見込んでいるという。これにはLESGがクラウド関連費用として同社に支払う、最低28億ドル(約3900億円)が含まれる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]