インドネシア証券取引所、データ仮想化で市場データ配信を高速化

藤本和彦 (編集部)

2022-05-17 12:00

 データ仮想化製品を展開するDenodo Technologiesは5月17日、インドネシア証券取引所(IDX)が顧客への市場データ配信を高速化するため、「Denodo Platform」を採用したと発表した。

 IDXは、インドネシア資本市場の規制当局および取引機関の1つとして、さまざまな市場データ製品ソリューションを提供している。IDXのトレーディング&メンバーシップ担当ディレクターであるLaksono W.Widodo氏は次のように語る。

 「当取引所は、会員や加入者が市場データを受け取りやすくするための活動を行っており、また信頼できるデータをリアルタイムで提供することに一層傾注している。データの管理と統合に対する論理的なアプローチを活用することが、この目的を達成し、当取引所のデータサービスを向上させる上での鍵となる」

 IDXは日々、株式や債券の取引データなど大量の取引データを受け取っており、スタンドアロンシステムに分散している。また、内部と外部のデータソースにはさまざまなデータ構造や幅広いネットワークが存在しており、これらを接続・結合・利用する必要があった。Denodo Platformで論理データファブリックを構成することで、こうした異種データを全て一カ所で管理できるようになる。

 「私たちがDenodoを使用して最初に解決したデータ関連の課題は、新しい市場データシステム構想をサポートするために、リアルタイムのメッセージング/ストリーミングデータを他のAPIデータソースと統合するというものだった。そして私たちは、Denodoに他のユースケースも見いだしている。当取引所がデータソースを拡大させる中、Denodoは長期的なデータアーキテクチャーの最重要部分となるだろう」(Widodo氏)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]