データミックス、オンライン試験における不正をAIで検知

寺島菜央 (編集部)

2022-12-28 13:56

 データミックスは12月28日、同社が提供するオンライン試験プラットフォーム「Excert(エクサート)」に人工知能(AI)を活用した「受験者の不正検知機能」を実装したことを発表した。これにより、オンライン試験中の監視の厳格化・効率化を目指すという。

 Excertは、在宅受験(IBT)やテストセンター受験(CBT)、マークシートを利用した会場受験(PBT)の実施を支えるオンライン受験システム。従来のオンライン試験では難しかった遠隔監視ができ、カンニングなどの不正行為の防止・発見ができる。現在は、数万人規模のIBT・CBT受験への導入や適性検査、大学の定期試験、企業での昇進試験などに活用されている。

 データミックスでは、データサイエンス領域でのスクール事業などを展開しており、今回の不正検知機能の実装においては、AIモデルの選定を含む全ての工程を同社のエンジニアチームで行い、内製化による実装を実現したという。

 この機能では、受験者から送信されている映像を「複数の人物が映っている」もしくは「人物が映っていない」という2つの観点でAIが判断する。オンライン試験において重要になる不正行為の監視を、AIによるリアルタイム検知を行うことで、より厳格で効率的な監視業務を実現するとしている。また、今後はそれ以外の不正検知についても適応を行う予定だ。

複数の人物が映っている場合や人物が映っていないことを検知する
複数の人物が映っている場合や人物が映っていないことを検知する

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]