飛島建設、建設業の「2024年問題」に向けて労働時間管理を強化

藤本和彦 (編集部)

2023-01-12 13:29

 飛島建設は、人事情報の集約による業務プロセスの改善と、外部環境の変化に対応できるシステム設計を実現するため、Works Human Intelligence(WHI)の統合人事システム「COMPANY」を採用した。WHIが1月12日に発表した。

 飛島建設では、「顧客に新たなサービスを提供していく=New Business Contractor」を掲げ、デジタル技術の活用による生産性の向上と働き方改革の両立を目指している。テレワークの定着やIoTを利用した社内外業務のデシタル化、現場における施工技術のデジタル化やロボットの実用化による生産性向上など、積極的にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。

 一方で人事領域では、外資系の統合基幹業務システム(ERP)を20年近く利用し、長年システムのカスタマイズが繰り返された影響で、法改正のたびに生じるシステム改修やそれに伴う作業負荷が発生していた。また、申請ワークフローシステムや勤怠管理システムなど、領域ごとに異なるシステムを組み合わせて利用していたことによる煩雑な業務運用にも課題があった。

 現行のERPシステムのサポート更新期限が迫る中、これらの課題の解決を目指し、システムの刷新を検討。その結果、「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」「就労ログオン打刻」「COMPANY Identity Management」を導入し、(1)情報の集約による、業務プロセス改善、(2)外部環境の変化に対応するシステム設計の実現、(3)他社事例を参考にした人事業務改善――を推進している。

 さらに、建設業界では2024年に働き方改革関連法が適用され、時間外労働の上限規制が厳格化される。飛島建設は、COMPANYを通じて異なる複数の勤務体系の労働時間を可視化することにより、労働時間の管理を一層強化するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]