編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

敷島製パン、統合人事システム「COMPANY」を最新版の移行--ITコストの可視化を実現

NO BUDGET

2022-08-12 07:10

 敷島製パンは、利用中の統合人事システム「COMPANY」について最新版となるVer.8への移行を決定した。Works Human Intelligence(WHI)が8月9日に発表した。

 敷島製パンは2003年にCOMPANYを導入して以来、数回のバージョンアップを行ってきた。今回、サーバーのサポート期限の時期が迫ってきたことから、当初はサーバー環境の更新のみを検討していたが、数年後には最新の機能や技術への対応が必要となり、費用面や検証作業の負担が大きくなる懸念が生じていた。そこでシステム更新戦略の最適化のため、サーバー環境の更新と同時に今回の移行を決定した。

COMPANYの勤怠ポータルのイメージ
COMPANYの勤怠ポータルのイメージ

 Ver.8はクラウドサービスとして提供されており、システムインフラ環境の構築から監視、セキュリティ対策、障害対応まで、WHIが定額で一括管理する。このため同社内のインフラ保守からの解放やITコストの可視化、セキュリティレベルの向上を実現する。

 また直感的に操作・情報閲覧ができるようユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス(UI/UX)が刷新されており、人事部門の業務効率化や従業員の利便性向上が実現する。

 さらに新機能である「勤怠ポータル」「勤怠ダッシュボード」の活用により、勤怠情報(残業時間、休暇日数など)が自動でグラフ化されるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]