調査

副業をするIT人材、66.8%が「転職・独立の意向あり」

河部恭紀 (編集部)

2023-01-25 11:54

 ITエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers」を開発・提供するoverflowが運営する「Offersデジタル人材総研」は1月25日、副業実態調査の結果を公開した。

 今回の調査は、Offers登録者のうち、正社員で現在副業をしている160人を対象に実施された。

 現在の転職意識について質問したところ、66.8%が「転職・独立の意向あり」と回答。その内、「良い所があれば転職を考える」が最多であるものの(23.5%)、「転職活動中」がそれに続いた(9.7%)。一方、「転職・独立は全く考えていない」は33.2%だった。

画像1

 副業の稼働時間帯は、85.0%が「本業終業後(夜)」と回答。「休日」は72.5%だった。「本業の就業前(朝)」は21.9%、「平日日中」が20.6%だった。

画像2

 副業で担当している仕事の内容については、割り当てられたタスクをこなすタスクベースでの業務が71.9%。問題点から整理して一緒に解決策を考えるイシューベースでの業務は30.6%との回答を得た。

画像3

 副業先を決める際の障壁としては、「時間の確保」が最多で48.8%。「就業時間」(39.4%)、「報酬バランス」(37.5%)が続いた。

画像4

 今回の調査は、2022年12月に公開した調査に続くもの。副業を一つの選択肢として捉える人が増えている一方で、企業で副業の受け入れや解禁がなかなか進んでいないという実態がある。副業人材の実態が分からず、どのように副業の受け入れ・解禁の体制を整えるべきかと悩んでいる担当者も多いと思われることが調査実施の背景にあるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]