NTTデータ関西、ITシステム開発の内製化を支援--内製化開発スキルを持つ人材育成も

寺島菜央 (編集部)

2023-01-17 13:53

 NTTデータ関西は1月17日、ローコード開発機能を搭載する業務改善プラットフォーム「intra-mart」を利用した、「ITシステム開発の内製化支援サービス」の提供を開始した。

 intra-martは、企業内のさまざまな業務をデジタル化・自動化するプラットフォーム。同社では、同プラットフォームの発売から20年以上にわたり培ってきた知見と技術を生かし、関西圏を中心にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業や同プラットフォームを導入している企業を対象に、ITシステム開発の内製化支援サービスを展開していくとしている。

 同サービスでは、「現場に寄り添う」「ノウハウが活用しやすい」「より高い効果を生み出す」をもとに、(1)アセスメント(現状分析)、(2)プランニング(方針策定支援)、(3)トレーニング、(4)推進サポート(開発支援・QA対応)――4つの支援メニューに分かれた伴走型の内製化支援サービスを提供する。

 具体的な支援として、(1)アセスメントでは、現状の分析を通して「あるべき姿」の実現に向けた最適解を提案。(2)プランニングでは、計画に沿った内製化を進めるため、内製化の方針策定や開発ガイドラインの作成、成果物のひな型を作成する。(3)トレーニングでは、内製化開発のスキルを持った人材育成に向けた「ローコード開発トレーニング」を行う。(4)推進サポートでは、難易度の高い開発やリソース不足の場合でも進められるように「内製化推進サポート」で伴走型の支援を提供するとしている。

内製化支援サービスの概要と効果
内製化支援サービスの概要と効果

 同社は同サービスを通して、属人化やITガバナンスを無視した乱立するシステム構築を防止し、システム開発の内製化を早期に立ち上げ、品質担保と開発生産性の向上を図り、顧客企業の成長に寄与する構えだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]