日本オラクル、政府・自治体にクラウド人材を育成する施策を展開

ZDNet Japan Staff

2023-01-25 11:54

 日本オラクルは1月25日、クラウド人材を育成する施策を政府・自治体に展開すると発表した。自治体システムの近代化に関与する全国のパートナー企業にも支援プログラムを開始する。

 同社は、クラウドサービスの「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)がデジタル庁から2022年10月にガバメントクラウド整備のためのクラウドサービスに選定されたため、施策では、政府や地方公共団体の職員にクラウドを活用するためのリスキリングと人材育成を行う。グローバル展開するOCIの研修プログラムをベースに、政府・自治体固有の制度・ニーズ、ガバメントクラウドの活用を踏まえた研修プログラムを新たに開発し、無償で提供するという。

 一方で、パートナー企業向けには、ガバメントクラウドを利用して標準化対象システムを開発・提供するパートナーを対象に、OCIの認定試験の受験を一定期間、一定回数無償にする。また、対象パートナーのOCI集合研修の費用を特別割引する。さらに、2月からはガバメントクラウドと自治体システムに関わるパートナー企業を対象に、東京と名古屋、大阪、岡山、福岡、札幌、仙台の7都市で、ガバメントクラウドと自治体のデジタル変革の支援、OCIスキル取得のトレーニングを行う。

 声明で取締役 執行役 社長の三澤智光氏は、「2023年度重点施策で安全、安心で豊かな暮らしを支える社会公共基盤の実現を掲げており、全国のパートナーと政府機関・地方公共団体のデジタル変革ならびにシームレスで革新的な行政サービスの提供を支援する」とコメント。デジタル庁は、「クラウドでの無資格者による不適切な実装が削減され、十分な知見を持った技術者が能力を発揮できる公共市場が醸成されることを期待している」とした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]