マクニカ、基幹システムを「SAP S/4HANA」に移行--月400時間の工数を削減

NO BUDGET

2023-01-31 15:33

 マクニカは、既存の統合基幹業務システム(ERP)を「SAP S/4HANA」に移行した。新たな経営システム基盤「次世代システム」構築プロジェクトは2018年に立ち上がり、2020年にはERPを中心としたプロジェクトを開始していた。プロジェクトを担当した日立システムズが1月31日に発表した。

 日立システムズは、マクニカにおける業種・業界に対する業務知識と、数多くの課題対応実績を生かして、システム上の300の課題を解決した。これにより、全社視点での業務効率化を図ることができ、「受発注業務の引き当て」プロセスの改善では月400時間の工数を削減できた。

 S/4HANAへの移行では、入念なアセスメントとリハーサルで、スムーズで確実なマイグレーションを実現した。「Microsoft Azure」をシステム基盤にすることで、れまで数週間かかっていたリソース増強が3〜4日で可能となった。

 今回の取り組みに先立ち、マクニカでは2018年当時、「2025年、取り扱い量が2倍以上に成長しても、生産性を向上させて業務が回せる仕組みを構築する」というプロジェクトのゴールを掲げていた。

 当時、同社が抱えていたシステム上の課題として、部門最適を推進した結果、全社視点での業務効率が低下し、表計算ソフトウェアを使った手作業が多く、非効率が発生していたことが挙げられる、また2025年のSAP ERPのサポート終了に備えてマイグレーションが必要だということは理解していたが、アドオン機能が多いため、業務への影響が懸念されていた。さらにシステム基盤がオンプレミス環境のため、柔軟性や拡張性が低いということも大きな課題だった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]