調査

2022年に企業のパブリッククラウド利用が大幅増--矢野経済研究所調べ

NO BUDGET

2023-03-06 15:16

 矢野経済研究所は、国内民間企業を対象に、ERPおよびCRM、SFAにおけるクラウド基盤利用状況に関する調査結果を発表した。2022年時点で導入率が大きく伸びていることが分かった

業務アプリケーションのシステム基盤でのパブリッククラウド利用率
業務アプリケーションのシステム基盤でのパブリッククラウド利用率

 これによると、2020年の前回調査時のパブリッククラウド利用率と比較すると、財務・会計では2020年の8.9%から2022年は17.9%に、人事・給与では9.0%から20.7%に、販売管理では5.9%から15.2%に、生産管理・サプライチェーン管理(SCM)で5.1%から13.0%に、CRMおよびSFAで16.1%から32.1%となり、各領域での業務アプリケーションのシステム基盤としてSaaS利用率が大きく伸びていることが判明した。

 この調査は2022年6~10月に実施され、509件の回答を得ている。

 今回の結果について同研究所は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の機運の高まりにより、業務アプリケーションへの投資意欲がコロナ禍にあっても衰えることなく堅調だとした。特にERPは導入後10~20年も経過し、老朽化したシステムを使い続けているケースが多く、DX推進のためにレガシーシステムからのリプレース需要が拡大しているという。一方でCRMおよびSFAは、ERPより導入時期が新しく、DXにおけるデータ活用や事業強化を目的として、戦略的に新しいシステムを導入する企業が増えているとした。

 また、ITベンダーから提供されているサービスの種類が多い財務・会計や人事・給与といったバックオフィス系のシステムではSaaSの利用率が高まっているとし、今後、業務アプリケーションは、システム基盤、アプリケーションの両面で「クラウドファースト」での利用が進んでいくと予測している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]