日立情報通信エンジニアリング、セキュアインターネット接続ソリューションを強化

NO BUDGET

2023-03-09 10:35

 日立情報通信エンジニアリングは、「セキュアインターネット接続ソリューション」の機能強化版を販売した。クラウド提供サービスのため、アクセス数の制限が緩和され、段階的な利用者の拡大やシステムの増設にも柔軟、迅速に対応できるという。

強化ポイント
強化ポイント

 強化ポイントとして、米ゼットスケーラーの製品である「Zscaler Internet Access」(ZIA)や「Zscaler Private Access」(ZPA)を採用した。ZIAは外部アプリケーションへの多層防御のセキュリティ対策と性能規定。ZPAは内部アプリケーションへの接続数の柔軟な拡張性と攻撃表面の排除を行う。

 同ソリューションでは、(1)全てのTCP(Transmission Control Protocol)/UDP(User Datagram Protocol)通信の不審なふるまいを検出、(2)カテゴリやユーザー・グループ・時間・場所にひもづいたウェブ通信制御、(3)接続ごとに接続定義条件を変更する動的コンテンツフィルタリングと、接続定義条件を変更しない静的コンテンツフィルタリング、(4)クラウドアプリケーションの分類と制御――の4つのセキュリティ機能を提供する。

 例えばリモート環境のゼロトラストネットワークアクセス対応では、ユーザーからアクセス要求があるたびにユーザーと機器情報を検証し、事前に定義されたセキュリティポリシーにしたがって動的に条件を変更し、許容された接続先へのアクセスを許可できるようにした。

 これらの4つの機能は、同時並行処理が可能で、生じるトランザクションおよびデータパケット処理に要する遅延時間規定(約100ミリ秒以下)をSLAで具現化している。利用者数が数十万人規模に増加した場合でも、性能が損なわれることがなく機能を拡張できるという。

 加えて、今回強化したゼロトラストネットワークアクセスは、汎用(はんよう)的な通信プロトコルに対応できると同時にIoTネットワークや制御技術(OT)システムをインターネットから不可視化することができる。

 同社ではセンサーなど多彩なエッジデバイスの活用提案による現場データの収集と、収集したデータを上位システムへ連携する「IoTエッジ向けインテグレーションサービス」を提供しており、同ソリューションと連携することで、ローカル5GやWi-Fi 6などを活用した安心安全なIoTエッジネットワークの構築を支えるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]