編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

NEC子会社と日立子会社、C言語対応システムLSI設計環境の強化で連携

ニューズフロント

2007-01-23 18:56

 NECシステムテクノロジーと(NECST)日立情報通信エンジニアリングは1月23日、C言語ベースのシステムLSI設計環境「CyberWorkBench」と試作開発プラットフォーム「LogicBench」を連携させ、システムLSIの設計・検証環境を強化すると発表した。

 CyberWorkBenchは、NECSTのシステムLSI設計環境。動作合成から形式検証に至るシステムLSI設計の全工程を、C言語で実行できる。一方LogicBenchは、日立情報通信のシステム試作開発用プラットフォームだ。

 まず、NECSTはCyberWorkBenchの検証環境にLogicBenchを追加し、システムLSI検証環境の強化を図る。日立情報通信は、LogicBenchの対応プラットフォームにCyberWorkBenchを加え、アルゴリズム設計からFPGA試作までカバーできる検証プラットフォームを提供する。

 こうした強化策により、1000万ゲート以上という大規模システムLSIの論理マッピングが可能となる。さらに、LogicBenchとPCを連動させるPCI拡張ボード「VirtualTurbo」を利用すると、モデル検証を従来に比べ数100倍速い数10MHzに高速化できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]